So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「日本人」とは、なんなのだろうか?(1) [ 科学コミュニケーション]

「日本全体を明るくするニュース」と言えば、スポーツの報道はその一つだ。
日本人のスポーツでの快進撃は、往々に大きく報じられる。例えば、、、
● 伊藤美誠がスウェーデンOP優勝、世界1位の朱雨玲を破る
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000004-jij_afp-spo
●【MLB】大谷翔平を新人王に選出した米野球専門誌「アンドゥハーは3位にも入らない」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00241275-fullcount-base

そして今年のスポーツシーンで忘れてはならないのが、女子テニスプレーヤー
大坂なおみさん。今年9月の全米オープン女子シングルスでは「日本人」初優勝を
果たしている。
USopen.JPG
US Open 2014 by Michael Vadon (protected by CC License)

ところで彼女は「日本人」なのか? 日本人であるが、現在はアメリカ国籍も
もっており、「アメリカ人」でもある。そして近い内に日本国籍を捨てて、
アメリカ人になるのではないかとも言われている。
日本国は二重国籍を認めていないからである。
●日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!
 https://www.newsweekjapan.jp/pakkun/2018/09/post-40.php

日本でもこれを機に「二重国籍」を認めてはどうか?との意見が散見される。
一方でこんな意見もある。
●大坂なおみ選手は「日本人」ではない。
 なぜ、都合のいいときだけ「日本人」にしてしまうのか?
 https://news.yahoo.co.jp/byline/yamadajun/20180921-00097718/
この記事中では、ドイツ人との“ハーフ”の方のコメントを紹介している。
"日本人は都合のいいときだけハーフを日本人扱いするけど、それがいやです"

同様のコメントが下記でも見受けられた。
●城田優のハーフ国籍言及が話題 大坂なおみ例に日本の風潮指摘
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00010012-jisin-ent
 (以下引用)
「良いときだけ『日本人初』って持ち上げるくせに、
 都合が悪くなったら『やっぱり外人だから』って言うんですよ」 

仮にである。大坂なおみさんが全米オープンで優勝していなければ、
このような二重国籍問題は話題にならなかったのではないか?
テニスファンは、大坂なおみが優勝したことを喜んでいるのか?
それとも「日本人」が優勝したことを喜んでいるのだろうか?

----
果たして、「日本人」とは一体全体、何なのだろうか?
ノーベル賞にしても、スポーツと同じような報道が目立つ。
例えば、先日亡くなられた下村脩先生。2008年にノーベル化学賞を受賞
しているが、受賞理由となった研究はアメリカで成し遂げられたものだ。
南部陽一郎先生(2008年ノーベル物理学賞)の研究もアメリカで行われた
ものだった。彼らの研究は日本国籍を所有した状態で行われたので、
定義上、日本人による研究ではある(なお、南部先生は受賞時には米国籍)。

2008年は小林先生・益川先生も受賞されたので「日本人4名がノーベル賞」
とあって、日本中が湧いた。確かに彼らの研究風土を育てたのは日本だろう。
しかし下村・南部両先生の研究を成功に導いたのはアメリカの大学や研究所
である。彼らは「日本人」としてノーベル賞を受賞したと言えるのだろうか?
このときにも、日本も二重国籍を認めてはどうかという議論が起きていた。
(関連記事)
https://goto33.blog.so-net.ne.jp/2008-11-06
https://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-10-08

そういえば似たような(しかし大坂選手のケースとは逆の)話題が
国会で争われている。明後日に続く。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント