So-net無料ブログ作成

事実を伝えることの大事さ [ 科学コミュニケーション]

研究の世界では昨今、研究不正などが多々見られる。STAP細胞などは
有名な例である。自分が全く関与していなくても、学問という仕組み上、
研究機関や学会の側が、社会に対して説明せねばならない局面が発生する。
私の研究分野でも、今年になって論文捏造のニュースが増えている(下記)。
●熊本地震でデータ捏造、大阪大学元准教授 調査結果公表
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42514180V10C19A3AC8000/
●熊本地震論文で不正、撤回を勧告 京大(注1)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42952160W9A320C1000000/

私自身はこれらの不正と一切関わりはないが、某学会での某調査に
携わっている。調査はほぼ終わり、その結果をどう公開するべきか、
つい先日、関係者で議論を交わしたばかりである。

…で、芸能界の話題に急にジャンプしてしまって申し訳ないが、
週末を騒がせているニュースが、適切な対応方法を教えてくれている。
●宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000047-asahi-soci
●宮迫さんと田村亮さん謝罪会見(全文1)会見すれば全員クビだと言われた
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010002-wordleaf-ent
●宮迫さんと田村亮さん謝罪会見(全文2)入れ墨も一瞬だったので気付かなかった
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010003-wordleaf-ent

吉本せい 笑いを商売に変えた吉本興業創業者の波乱の人生 (三才ムックvol.967)

吉本せい 笑いを商売に変えた吉本興業創業者の波乱の人生 (三才ムックvol.967)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: ムック



吉本興業を創った人々 (PHP文庫)

吉本興業を創った人々 (PHP文庫)

  • 作者: 堀江 誠二
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2017/10/02
  • メディア: 文庫


元はといえば、事務所を通さずに、怪しげなパーティーへ出演する芸能人が
悪いのだろう。しかし、当の芸能人が問題を認識し、ちゃんと謝罪したいと
言っていても、芸能事務所は隠匿の姿勢。時が経つに連れて、事務所側でも
隠しきれないと判断したら、今度はしっぽ切り(謹慎処分、契約解除)。
なるほど、雇用する会社側の論理としては正しいだろう。そもそもの原因は
事務所を通さない「直仕事」にあるわけだし。しかし大企業には「商品」に
関する管理義務や社会への説明責任があると思われる(注2)。

そして昨今はTwitterや、ネットのライブ放送がある。案の定、切られた芸人側が
Twitterで「直会見」を開く旨を連絡し、問題への謝罪と事務所の隠匿の暴露に
至ったわけだ。本件、真実が気になるところではあるが、ここでの教訓は
「知っていることは包み隠さず、社会に報告せねば致命傷」
ということである。"公人"たる芸能人も、CSRを怠った芸能事務所も。

…で研究不正に話が戻るのだが、私と共に調査に携わった某氏はこう言った。
「海外の学会・研究機関では、研究の捏造問題で頻繁に声明出したり、
 謝ったりはしない」
果たしてそうだろうか? SNSやライブ放送で、一個人ですら世界に情報を
発信できる昨今、強い側の論理だけで「これは公開しないほうが、適正・適切」
などと言えるのだろうか? 社会への報告はもはや全世界で義務では??

今回の芸能ニュースと、学問の研究不正には、不正の報告という面では
さしたる違いはない。不正を行う側はもちろん、不正を行なっていなくても
どこかで関わってしまった人や組織は、知っていることを できるだけ早期に
適切に公開することが肝要である、ってことやね。


研究不正 - 科学者の捏造、改竄、盗用 (中公新書)

研究不正 - 科学者の捏造、改竄、盗用 (中公新書)

  • 作者: 黒木 登志夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/04/19
  • メディア: 新書



論文捏造 (中公新書ラクレ)

論文捏造 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 村松 秀
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/09/01
  • メディア: 新書


------------------------------------------------------------
注1:京大の論文不正については、論文は掲載取り下げとなったようだ。
●京大教授の不正論文撤回、米科学誌サイエンスが発表へ
 https://www.asahi.com/articles/ASM4Z7SRGM4ZPLBJ004.html

----
注2:同事務所は本件に関して記者会見は開いておらず、また社内でも
嘘の連絡を行っていたようである。
●最初から白状していれば……宮迫博之、「口裏合わせ」の主犯!?
 闇営業問題で「ギャラもらってない」とウソついた背景
 (2019/06/27)
 https://www.cyzowoman.com/2019/06/post_239740_1.html
 (以下、上記記事より引用)
 ”翌25日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、同じ吉本所属でMCを務める極楽とんぼ・加藤浩次と、サブMCのハリセンボン・近藤春菜がコメント。加藤は、亮だけでなく吉本からも「お金をもらってない」と聞いていたと明かし、「僕の信用している仲の良い後輩が言ったこと、会社が言ったことを信用して『スッキリ』でコメントした」と、謝罪した。また、近藤もショックを隠せない様子で、「会社自体も保身に走った」と、嘘を見破れなかった吉本サイドへの批判も口にした。”

ただし一部の所属芸能人は、事務所の隠匿の事実を把握していたらしい。
●松本人志 衝撃の告白「吉本興業にはいたくないかもって…」会社側の「静観」態度に不信感
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000191-spnannex-ent

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 1

MANTA

芸能界といえば、こんなニュースも最近話題となりましたな。

●ジャニーズへの公取委の注意 TV各局、圧力に言及なし
 https://www.asahi.com/articles/ASM7L61BDM7LUCVL019.html
●ジャニーズに「注意」 公取委の狙いは?
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47464800Y9A710C1000000/

こちらも真実はどうなのか、、、隠していても隠しきれない昨今です。
by MANTA (2019-07-21 18:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント