So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

台湾の最新研究船は沈んだが… [▼科学ニュース New!]

先日、タンカーが関西空港にぶつかった事故をみて、
数年前に起きた、台湾の海洋調査船の事故を思い出した。

●海研五號澎湖沈沒 45人全尋獲 2死25傷(自由時報電子報)
 http://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/1128057
(下の図も本記事より引用)
OR5.JPG

非常に悲しい事故であった。「海研五号」(英語ではOcean Research V)は
2012年に完成した最新の調査船であった。サイズは2700トン。世界各国の
調査船に引けを取らない大きさである。実は私は2012年、完成直前の海研五号
を目撃している。当時、台湾沖合の海底である調査を行っていたのだが、その
際の母港が台湾南部の港町、高雄であった。海研五号は同港に着岸していた。
ちなみに私が乗船をさせてもらったのは「海研一号」。
台湾国立大学が所有する、800トンの古い調査船だった。
http://or1.oc.ntu.edu.tw/

新型の海洋調査船は、台湾の海洋研究者の悲願だったが建造費用が足りなかった。

続きを読む


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:学問