So-net無料ブログ作成
 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ ブログトップ

地震とは「点」ではなく「面」である。 [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

映画「日本沈没」(リメイク版、2006年公開)にはこんなシーンがあります。場所は東京の地下にある政府の防災本部。そこでの地震観測官のセリフです。「巨大地震発生! マグニチュードは、7…7.5…8、なおも増大中! 本震、きますっ!!」 首都を襲う巨大地震の揺れ、緊迫するシーンです。ところで、このようにマグニチュード(以下では随所でMと省略します)が徐々に増大することは実際にあるのでしょうか?

◎大地震はドミノ倒しのごとく
前回お話ししたように、地震は断層がずれ動くことで起きると考えられています。小さい地震では小さな断層がずれるため、地面の揺れ始め(つまり断層のずれ始め)から揺れ終わり(断層のずれ終わり)まではさほど時間はかかりません。しかし大きな断層ではどうでしょうか? これはドミノ倒しに似ています(図1)。

Fig1_s.jpg
図1. ドミノ倒しと大地震の発生は似ている。

小さな断層の1つ1つをドミノの1個1個だと思ってください。大きな断層はたくさんのドミノが並んでいる、つまり小さな断層がたくさん繋がってできているようなものです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:学問

あの地震について意外と知らないこと [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

前回、私は「地球の中が分からないと困ることもある」と書きました。その代表例は巨大地震や火山噴火でしょう。まずは巨大地震について考えてみたいと思います。

すぐに思い出すのは、2011年に東日本大震災を引き起こした「東北地方太平洋沖地震」です。マグニチュードは9.0でした。このよく耳にする単語「マグニチュード」とはなんでしょうか? ニュースなどで「地震の規模を示すマグニチュードは…」と聞くことがあるので、なんとなく「マグニチュードが大きいと、大きな地震なんだ」ということは分かりますが、あらためて考えると、マグニチュードってなんだっけ? って方も多いと思います。まずはその辺りから話を始めてみましょう。なお以下に続く文章の所々で、マグニチュードを「M」と略しています。洋服やポテトのサイズではありません。

◎Lサイズなんてもんじゃない
「マグニチュード9.0」は本当に大きな地震です。まずは下の図1を見て下さい。地震計を用いて地震の大きさをちゃんと測れるようになってから約100年が経ちますが、そのあいだに起きた超巨大地震を地図上に描きました。太平洋の沿岸域で多く発生している様子がわかります。

Fig1_maps.jpg
図1. 世界の超巨大地震の発生位置。
表1の1位~6位(合計7つ)の地震を地図上に表示。
「NHK そなえる防災」コラム(2012年7月:大地震は火山噴火を誘発する!?:
http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20120622.html)に基づきました。
ただしマグニチュードは表1に準じています。

Table1_magnitudes.jpg
表1. 1900年以降に発生した地震の規模の大きなもの上位10位。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq7.html より)
次のアメリカ地質調査所のホームページに基づいています。
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/world/10_largest_world.php

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

プロローグ:地面に穴を掘ってみたこと、ある? [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

「地下を探る」。
この一文からどんな絵が思い浮かびますか?

スコップやシャベルを思い浮かべる人、ドリルのついた大きな装置で地下を掘る様子をイメージする人、あるいは地下鉄や地下街を連想する人、いろいろだと思います。でも多くの人は共通して「穴を掘る」様子を思い浮かべことはできるようです。

◎ヒトは穴を掘る動物
子供の頃を思い出せば、誰しもこんな疑問を持ったことはあるはず。
「地面の下はどうなっているんだろう?」
「地下深くへ掘り進んでいったら、地球の裏側まで行けるのかな?」
…なんて思いつつ、砂場を一生懸命掘り返してみたり(でも夕飯の時間になってあきらめて帰る。そして次の日は、穴掘りのことを忘れて違う遊びに熱中)。あるいは近所の古い下水道が気になったことはありませんか? 真っ暗な出口が口を開けているけれど、その奥に進んでいったら何があるのだろう?(でも入る勇気はない)

そういえば全国各地には"伝説の洞窟"がたくさんありますね。例えば神奈川県の江ノ島には、そこから遠く離れた富士山までつながっていると言われる洞窟があります。昔も今も、地下の世界には言葉に表せないような魅力があり、同時にちょっとゾクゾクするような恐ろしいような感覚も潜んでいるようです。

Fig1s.jpg
図1 私が使っている「ある装置」。白色の棒状の装置です。

Fig2s.jpg
図2 その内の1本を地下に埋めた様子。
写真中央の白い部分の下に「ある装置」の本体が埋もれています。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ ブログトップ