So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

関西空港はしばらく閉鎖か? [▼科学ニュース New!]

関西は今日、すごい風(と雨)に見舞われました。台風21号です。
(以下は備忘録です。被害にあわれた方々の一日も早い復興を祈ります)
私は諸事情で、今日は職場にいました。
頑丈なコンクリート製の建物にいたにもかかわらず、
「これは、さすがにまずいのではないか?」と思うほどの風雨。
下から上に雨が降ってました。渡り廊下はまるで、雨雲の中を飛ぶ飛行機の
羽のよう。渡り廊下が風を切り、水しぶきが真横方向へすっ飛んでました。

天気予報をじっくりみて、京都では14時過ぎ~15時過ぎがもっとも危険な
時間帯と判断し、その間は屋内に。途中、一瞬停電などありましたが
なんとか乗り切って、16時になって雨風が少し収まりつつある時間帯に帰宅。
帰路、大きな川(桂川)にかかる大きめの橋は警察により閉鎖されていましたが
別の小さめの橋を通ることができました。
「河川増水で橋を渡ることができなければ、今日は職場に戻って一泊やな」
と思ってましたが、川を越えられてほっと一息。帰宅後にニュースで知った
のですが、橋の上ではトラックが横転していて、閉鎖されていたのです。
今回の台風では大雨ではなく、暴風の被害が特徴的でした。

川を越えて京都市中心部に向かいましたが、そこかしこで、大きな街路樹が
倒れていました。他にも、飛んできた物置が道路を塞いでいたり、電線が
切れて垂れ下がっていたり、エアコンの室外機が吹っ飛んでいたりで、
とにかく町中が大変になっています。
飛びそうになる看板を直している人もいました。危ない! まだ風が強い!
でも直さないともっと危ない!!、、、私は幸い、無事に帰宅。

台風の被害は京都ではこんな感じでした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

あしあと帳 [▼このブログについて]

こちらはあしあと帳です。
気軽にひとこと、コメント欄へ残していただけると嬉しいです。

このブログへの質問などはこちらでも受け付けています。
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2005-10-3

人気ブログランキングへ

なお古い過去記事へのコメント、トラックバックも大歓迎です。
nice!(27)  コメント(78)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

海と地球の本・DVD [▼科学ニュース New!]

ときどき手動更新する"非"ライブリンクです。


nice!(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

月別の記事一覧 [▼ブログ管理]

月毎の記事一覧です。
()内は月毎の記事の数です。

calender.jpg

続きを読む


nice!(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Q & A [▼Q&A]

この当ブログへのご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをお使いください。
送信者のアドレスや氏名の個人情報は、管理者にも読者にも分かりません。ご安心を。

海の研究者に質問!

 ・おもしろかった、わかりにくかった、などのご感想
 ・海や地球に関する一般的な質問(例:マントルってなんですか?)
 ・研究に関する質問(例:どうやったら研究者になれるの?)
 ・So-net Blogに関する質問(例:使いやすい?使いにくい?)

ご質問については可能な範囲で回答させていただきます。
回答内容の詳細については、別途"新規記事"のうえでさせて頂く予定ですが、
メールでのご返答を希望される場合はその旨をフォーム中にお書きいただければ幸いです。

なお各記事個別のご感想・ご質問は、当該記事の下のコメント欄にお書きいただいても
問題ありません。どうぞお気楽にご意見などをお寄せ下さいませ。

人気ブログランキングへ

あしあと帳もつくりました~
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2005-10-3-1


nice!(32) 
共通テーマ:学問

UFOはなぜ頻繁に目撃されるのか?(2) [ 電磁気で地震予知]

昨日の続き。怪しい地震予知のような「オカルト科学」が
世に浸透するプロセスを、アメリカでのUFO事件を事例に考えている。
元となったのはNHK「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー」
のうち、2014年放送の「徹底追究!アメリカUFO神話に迫る!」である。

2001年宇宙の旅〔決定版〕

2001年宇宙の旅〔決定版〕

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1993/02/28
  • メディア: Kindle版



ロズウェル/星の恋人たち シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

ロズウェル/星の恋人たち シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD


その2)ロズウェル事件
墜落した空飛ぶ円盤と宇宙人の死体を米軍が回収したとされる事件。
おそらく世界で一番有名なUFO関連の噂話であるが、この場合はこうだ。
・1947年、ある牧場主が奇妙な金属製の破片を多数発見。
    ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

UFOはなぜ頻繁に目撃されるのか?(1) [ 電磁気で地震予知]

「雲を見れば地震が予知できる」というのは立派なオカルトである。
多くの人は、そんなことで地震が予知できると信じていない。
しかし一部の人は信じているし、なんとなれば多くの人も「ひょっとして」
と思っているかもしれない。

似たような例として、UFOが思い出される。
「いない」と思っていても「もしかしたらいるかも」の代表例である。
実際、UFOは頻繁に目撃されているが、宇宙人は私達の前にけして現れない。

その理由がちょっとわかるTV番組を見た。

NHK 幻解! 超常ファイル ダークサイド・ミステリー (教養・文化シリーズ)

NHK 幻解! 超常ファイル ダークサイド・ミステリー (教養・文化シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: ムック


NHKの「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー」である。
私も少しだけ出演したことがある、超常現象を科学的に真面目に考える番組だ。
大変遅まきながら、2014年放送の「徹底追究!アメリカUFO神話に迫る!」
をみた(今年再放送。お盆なのでたまっているビデオを消費した)。
ここに、米国でUFOや宇宙人の目撃情報が増えた事例が2つ紹介されていた。

その1)アーノルド事件(1947年)

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

夜のバス停にて [▼研究実況 Now!]

ある夜のことである。
仕事が終わって、いつものように、バス停で最寄り駅へ行くバスを待っていた。
時間はそう、8時をおおきく回っていた。バス停は住宅地内にある。
この時間は歩く人は少なく、バスの本数も少ない。
時刻表ではあと数分でバスが来る。

bus.JPG

その時、歩道沿いに少し離れた場所から、賑やかな声が聞こえてきた。
「…で、さあ、もうほんと私って、しょうがない、でもさぁ…」
女性の声だ。二人連れだろうか?
女性同士の会話というものは、10代であっても70代であっても常に賑やかだな。
そう思った矢先である。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

京都と東京で科学バー(今日・明日) [▼研究実況 Now!]

京都と東京で、科学バーをやります。
京都は今晩、東京は明日の夜です。
毎度おなじみの、直前告知でございます。
いずれもお席に余裕があるそうです!!

ーーーーーーーー
1)京都で科学バー:7/25(水)
京大近く、出町柳駅からほど近い場所にあるワインバー
「アシュクルク」さんで科学バーをやります。

「日本列島大変動~巨大地震、噴火がなぜ相次ぐのか~」
【日時】2018年7月25日(水) 19:30~21:00 開場19時
【会場】京都・出町柳 アシュクルク 京都市左京区田中関田町37-3
(以下、お店のホームページから)
起こりえる自然災害に対して、最新の情報を知っておくことが大切だと
感じる方は、ぜひお席をキープしてください。
[巨大地震や火山噴火の鍵を握るのは? ]
近いうちに必ず起こるとされる南海トラフ地震、
首都直下地震などの巨大地震、
また各地で活発化している火山噴火は、大きな脅威です。
すべての鍵を握る「地底の今」に迫る!
【定員】12名
【参加費】おつまみ盛り合わせグラスワイン1杯付
 一般 2000円 / 学生 1800円 [当日学生証をご提示ください]
 飲み放題ご希望の方は+1500円
【お申込み】先着順ご予約制
 右よりお申し込みください。→ http://blog.ash-k.com/?eid=149#sequel
こちらの本にまつわるお話をします。

(140)日本列島大変動: 巨大地震、噴火がなぜ相次ぐのか (ポプラ新書 こ 3-1)

(140)日本列島大変動: 巨大地震、噴火がなぜ相次ぐのか (ポプラ新書 こ 3-1)

  • 作者: 後藤 忠徳
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2018/04/10
  • メディア: 新書


ーーーーーーーー
2)東京で科学バー:7/26(木)
東京日本橋で開催中の「大人の科学バー」。
テーマは夏らしく、海底の話をします。

海編vol.32「海底探査の最前線! ー海底巨大地震のナゾに迫る」
【日時】7月26日(木) 19:00~21:30
【場所】ギャラリーキッチン KIWI
  東京都中央区日本橋本町3-9-4 HONCHO394ビル
  http://kiwi-lab.com/
【内容】 
南海トラフをはじめ巨大地震の震源域として注目される海底。
首都圏では首都直下型地震とともに房総沖地震にも関心が高まりつつあります。
今回は、ゲストの後藤忠徳さんが参加した最新の調査船の様子、
房総沖の地下構造を解説しながら、海底巨大地震はどこまで
明らかになったのかに迫ります。質問はいつでもOK。
お酒を片手に後藤さんと楽しいひと時をどうぞ。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを
ご用意してお待ちしています。

トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
(たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き)
 5,000円(税別)

【定員】17名
【お問い合わせ】下記ホームページより
 http://kiwi-lab.com/event.html#tadanorigoto

DSC_0015.JPG
暑いけど、きてねーーーー
(大阪梅田で見かけた、暑さでうだるトリケラトプス)
(ジュラシック・ワールドの宣伝でした)

ーーーーーーーー
さらに、、、京都のトルコ料理&Bar memeさんの科学バーにも
登場します(9/7を予定)。「トルコの海」と第して、地中海や黒海、
トルコの地震や海底資源の話をする予定です。
詳細はこちら → http://tokidokitorukomeme.com/
おたのしみに!

地底の科学 地面の下はどうなっているのか (BERET SCIENCE)

地底の科学 地面の下はどうなっているのか (BERET SCIENCE)

  • 作者: 後藤 忠徳
  • 出版社/メーカー: ベレ出版
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: 単行本



海の授業

海の授業

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/10/09
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

いってらっしゃい [ 京都で暮らす]

2018-07-17T10:40:48.jpg
今朝の祇園祭の様子。
ちょうど山鉾巡行のスタートでした。

今日は一段と暑いです。
お供の皆様、熱中症にお気をつけて!
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog